2次関数変域 5である時のabの値求めよ。ax+by=11において、x,y=2,。連立方程式解き方

ax+by=11
bx+ay= 17 の解x=2?y= 5である時のabの値求めよ 3。$/$ $$ 次方程式$^{}++=$ のつの解がーとのとき, $,$ $$ の
値を求めよ。 $$ $⌒$ 中学校 数学 解答 —
クァンダ先生 – とーも — — 学生
理解ができ1次関数の式の出し方。ふつうは=+と表す。は以外の定数で変化の割合。は定数で切片である。
次関数の式の出し方はおもに通り。傾きと点から出す方法と-=×+ -=
+ =? よって = ? となる。傾き-で。点,を通る直線の式を
求めよ。 =のとき=-で。が増加するときが増加する1次関数の式を
求めよ。

二次方程式の利用。例題1 二次方程式 ^++= の解がと-であるとき。。の値を求めなさい
。 方程式の解→代入して式が成り立つ!=-を代入して -^+×-+=//
-+=//-+=-…② ①。②より /{} +=-…① // -+=-
…②/{} 連立方程式の解き方式の展開方法 ~2乗してひく~ +
-1次方程式~aの値。についての1次方程式 +=? の解が = であるとき,定数 の値
を求めなさい. = [ ? ] についての1次方程式2次関数変域。関数 = ≦≦ の最大値がである。このとき。 の値と。 の最小値を
求め

ax+by=11において、x,y=2,-5であるとき、2a-5b=11…①。また、bx+ay=-17において、x,y=2,-5であるとき、2b-5a=-17 → -5a+2b=-17…②。↓①×2 → 4a-10b=22。②×5 → -25a+10b=-85。①×2+②×5 → 4a-25a=22-85 → -21a=-63 → a=3。①に代入 → 2*3-5b=11 → 6-5b=11 → 5b=6-11 → 5b=-5 → b=-1。↓∴a,b=3,-1

What do you think?

Note: Your email address will not be published