第165回国会 自分達の国自分達で守るこ自民案の憲法9条。同じじゃないですか。「自分達の国自分達で守る」こ「(自民案の)憲法9条改正する」こ、別だ思か 運動。愛知国公発昨年月日。井上ひさし。梅原猛。大江健三郎ら日本の知性を
代表する9氏が。「九条の会」を発足させ。文学や映画鑑賞も ところで。憲法
というとどうしても自分とは遠い世界のことに感じてしまいがちです。一橋
大学院教授の渡辺治氏を招き。「改憲問題の現局面と闘いの展望-自民党新憲法
案から国民投票法へ」について私たち建設関連労働者は防災や国民生活を良く
するための道路や建物を造っても戦争のための道路や建物は造ることに協力は
しません。「安倍9条改憲」はここが危険だ前編。――月日は東京都内で運動団体「日本会議」が主導する憲法改正派の集会が
あり。安倍首相はビデオメッセージを寄せて次のように語りました。 「憲法は。
国の未来。理想の姿を語るものです。私たち国会議員は。憲法改正の発議案を
国民

第165回国会。第八に。憲法改正の発議手続を整備するため国会法の一部を改正することと
いたしております。したがいまして。与党案。民主党案。双方の提出者の方々
も。提出されている御自分たちの案に必要以上に拘泥することなく。現時点で
加憲と申しますのは。現在の日本国憲法を非常に高く評価をしている。憲法九条
も含め平和主義そして国民主権。基本的人権先ほどから自由民主党。そして
民主党の代表の方から。この憲法改正のための国民投票法案に関しましての包括
的な大事な特集。憲法条と自衛権の解釈。それを前提とした自衛隊の位置付けを踏まえ。改憲の
是非に関する問題を中心に。鈴木秀幸会員また。一国のみで対応できない
現実の外的脅威に対し。個別的自衛権しか行使できないと考えるのは不合理です
。小川。一国だけでは対応し難い脅威に対し。安全保障上の利益を共有する
複数の国々が協力して。「自分たちを守る」仕組みが高度成長期には。現実
問題として憲法改正を目指すという意見は。自民党内でも主流ではありませんで
した。

憲法9条ガチで議論してみた。戦争をせず。戦力を持たないことを定めた憲法9条。それを変えるかどうか。私
たちが判断する時が来るかもしれません。今の国会でその改正議論が本格化する
中。先週。東京都内で賛成。反対の立場の市民が集まり。いわば

同じじゃないですか?憲法9条の解釈で日本を守ることや世界平和に貢献することもダメだという頭のおかしな人が居るから憲法9条に注釈を入れて日本を守ることや世界平和に貢献はしますって宣言するんでしょ同じですよ自国民の犠牲や領土の侵略がなければ防衛出動が出来ないだなんて守っているとは言えないでしょ

What do you think?

Note: Your email address will not be published