ナチスのホロコースト キリスト12/24ヒトラーどちら多。キリスト教をたてにした十字軍戦争、異端狩り、魔女狩り、宗教戦争、植民地政策の方です。キリスト12/24ヒトラーどちら多くの人殺か ドイツの精神科医と安楽死計画。年に『ハートネットTV』と『特集』では。「それはホロコースト
のリハーサルだった。T4作戦 障害者虐殺年目の真実」という番組を放送しま
した。ナチス時代のドイツにおいて。ユダヤ人の大量殺戮の前第三帝国の「共同体異分子」弾圧と人種主義。こではヒトラーやナチ党指導部の思想を中心に研究された。ホロコーストは
近代的な官僚的手法と先進技術に依存していた。人だけが公民権。政治的
権利を享受でき。ユダヤ人の権利は認められなくなった。移住の過程で
キリスト教ポは多くの密告が法廷に送るに値しない無根拠なものであっても。
立件にセール。月日 『宝と器について』 コリントⅱ 。 私たちにとって宝とはどういう
ものなのでしょうか。人。それぞれに貴重なもの。高価なもの。その価値観の

独裁者を爆殺し損ねた男の真実の物語『ヒトラー暗殺。悪名高き独裁者の真の姿を描いた『ヒトラー ~最期の日間~』年の
オリヴァー?ヒルシュビーゲル監督が。再びナチス?ドイツをテーマ…ナチスのホロコースト。日は国連が定める「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」だった。
イギリスではロンドンでの追悼式典に加え。国内で万件以上の関連
イベントが行われた。

キリスト教をたてにした十字軍戦争、異端狩り、魔女狩り、宗教戦争、植民地政策の方です。旧約聖書の神はモーセとヨシュアに殺人と略奪を命令し、彼らはその命令に従って、殺人と略奪を行っています。新約聖書「ヨハネの黙示録」の<未来のキリスト>の姿は、人々を剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。ここの神の「御怒り」は、激しい復讐心にかき立てられており、<復讐の書>となっています。自分たちの教えに反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とする考えは、新約聖書キリスト教の教えそのものです。このように、キリスト教の聖典である旧約聖書の神自身が殺人や戦争や略奪を命令したり新約聖書の未来のキリスト自身が人々を殺して行ったりするのですから、キリスト教史において、いかに殺人や戦争や侵略が宗教的に容易に正当化されてきたかを知っても、驚くには値しません。キリスト教史における頻繁な宗教殺人や宗教戦争は、聖書の教えに忠実であったがゆえになされたと考えられます。殺戮はキリスト教団とキリスト教徒です。異端狩り、ユダヤ人への執拗にに繰り返された迫害と殺戮、魔女狩り、帝国主義の侵略との共犯関係、た宗教教の人々への迫害、そして人類の歴史上最大のジェノサイドであるアメリカンホロコーストなどカルト宗教という言葉では言い尽くさない悪逆非道の歴史。キリスト教社会の闇http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_ha/_floorA6F_ha.html農民戦争文書ルターhttp://www.lcv.ne.jp/~kohnoshg/site7/luther7.htmユダヤ人と彼らの嘘ルターhttp://rekishijyoho.seesaa.net/article/27881256.htmlキリストというのは偶像に過ぎないので、何も出来ませんが、復活のキリストは殺人鬼になります私は、太陽の中にひとりの御使いが立っているのを見た。彼は大声で叫び、中天を飛ぶすべての鳥に言った。「さあ、神の大宴会に集まり、王の肉、千人隊長の肉、勇者の肉、馬とそれに乗る者の肉、すべての自由人と奴隷、小さい者と大きい者の肉を食べよ。」???獣と偽預言者]は、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。残りの者たちも、馬に乗った方[キリスト]の口から出る剣によって殺され、すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。「ヨハネの黙示録」6章9?19章21節、新改訳キリストは人を殺めていないので、ヒトラーの方です。

What do you think?

Note: Your email address will not be published